型にする為の修正手間に寄るため、製品形状や3Dデータ次第となります。

抜け勾配や削り代が適切に付与された3Dデータであれば納期、コストの低減に繋がります。

複雑形状で抜け勾配が設定されていない場合は一からモデリングをした方が早い場合もございます。

3Dモデリングには抜け勾配やフィレットの付加に手順がある為、3Dデータの修正には制限がかかる場合もございます。

ただし、3Dデータを使っての検査することでミスの削減に繋がることもありますので、3Dデータを頂けるのであれば活用させて頂きます。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA