冷却フィンを作る為に、R1.5のボールエンドミルで最狭部幅3mm、深さ90mm、抜け勾配1°の溝加工をしたことがございます。

その他にも小径の長尺エンドミルを各種取り揃えております。

ただし、あまり細かすぎる製品形状だと鋳造プロセスによっては砂の強度が足らず崩れてしまいますので、お問い合わせからご相談いただけましたら、鋳造可否の検討も含めてご相談お受けいたします。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA