安価なイニシャルコストで量産可能なことが砂型鋳物の強みです。

1点ものでしたら削り出しの方が納期、価格ともに有利なことが多いです。

2点3点と数量が増えてくると、型を使った量産効果で鋳造によるメリットが出てきます。

ダイカスト等の大量生産可能な鋳造法と比較した場合はイニシャルコスト(型費)の差がメリットとなります。

砂型鋳物は鋳造費、加工費は高くなりますが、数百個程度の生産量であればコストメリットがあります。

また、少ロットでの生産が可能なため、試作での利用、製品立ち上げ時の少量量産などで利用されることが多いです。

コスト比較の為にアルミ鋳物の価格を知りたい場合はお問い合わせよりご相談下さい。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA